06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.06 (Sun)

江戸時代の出産シーン

昨日は、旦那Cが午前中に用事があり、その後、両国で待ち合わせをしてデートしました。

まずは、腹ごしらえのため「ちゃんこ江戸沢」へ。
10年くらい前、当時は地元にも有り、大勢で
キャッキャ、キャッキャ言いながら美味しく
いただいた記憶も有ったので、楽しみでした。
しかし、思い出を美化し過ぎてしまったのか?
それとも年を重ね味覚が変わってしまったのか?
はたまた他に美味しい鍋を知ってしまったせい
なのか?何故だか分かりませんが ・ ・ ・ 。
P9050858.jpg

食事の後は、江戸東京博物館へ行きました。

   江戸時代の出産シーンの再現と説明
   P9050875.jpg
江戸時代の出産は、一般には座産で、産婦は天井から吊り下げた綱や介添え人を支えにして子供を産んだ。
生まれた子には産湯を浸かわせるが、このとき産婆はタライの前に腰を掛け、赤児をうつ伏せにして両脚にのせ
淋浴させた。これは臍の緒の切り口に湯がかかるのを防ぐ為と背中は五臓を宿す大切なところであるため
眼をはなしてはいけないという中国の説によるためだという。
一方、産婦の方も、頭に血がのぼらないように等との俗説から、産後も産椅や積み上げた布団に寄りかかり、
座ったまま七日七夜を過ごさなければならなかった。そのために健康をそこねることも少なくなかった。


にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ    にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
スポンサーサイト
12:16  |  おでかけ+  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント、ありがとうございました!!
江戸時代の出産シーン・・・、、すごいですね・・・。。
産後も7日座ってなきゃいけないなんて・・・ビックリです!!
ルル |  2009.09.06(Sun) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

ルルちゃん☆いらっしゃいませ

いえいえ、こちらこそ。

7日間も座ってるのって相当の負担よね。
産婦じゃなくても、健康な人だって身体害すると思う。
それにしても、コノご主人も子供も“両手をお膝”だなんて、お行儀良過ぎ。
ウチの旦那だったら、アワアワすると思うわ(笑)
Jade |  2009.09.07(Mon) 15:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jadeblog.blog20.fc2.com/tb.php/135-a89b2454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。