07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.08 (Fri)

乳腺炎 Part2

前回の治療後、翌週は都合が悪いと嘘をついてしまいました。
助産師さんには「たぶん大変になると思うんだけど…」と心配していただいたのですが、
給料日前のお財布の中身が本当に心配になり、次の予約を1週間延ばしたのです。

すると、生後1ヶ月記念日の7月5日に頭痛・関節痛・筋肉痛・寒気・39度以上の熱。
風邪か疲れだと思い早々にベッドに入り、チビ助のケアはCさんにバトンタッチ。
翌朝も熱は下がらず、Cさんも仕事を休んで引き続きチビ助のケアをしてくれました。
助産師さんの言葉が気になり、ネットで検索するとガッツリ乳腺炎の症状です。
対策は、とにかくオッパイを吸わせる、食事に気を付ける、疲れを貯めない。

まずは、すぐに出来る“オッパイを吸わせる”から実行しようと、フラフラになりながらも
チビ助に銜えさせるもブンブン顔を振ってプイっと外してしまったり、歯茎でキリキリと
噛まれチクBがイタタになったり。
左は飲んでくれるんです・・・でも右は飲んでくれず困った挙句、またもネットで検索。
すると、旦那様に吸ってもらっている人が結構いるではないですか
早速Cさんに頼んでみると、「え~、嫌だぁ」と想像していたとおりの返事。
そりゃ~、私だって抵抗はありましたよ・・・ですが「チビ助の為の治療だと思って」と
再度頼んでみると、Cさんも渋々ながら承諾してくれました。
Cさんの気が変わらんうちに“ほれっ”と軽い感じでオッパイを出し、吸ってもらいました。
母乳は、すぐには出てこないようでした。
赤ちゃんの吸い方と違うせいか?それとも乳腺炎だから出にくいのか?分かりませんが、
2度3度と繰り返してもらい、やっと出てくるようになりスポンと抜けた感じがしました。
チビ助に銜えさせるとゴクゴクとまではいかないものの、飲んでくれるようになりました。
その後も、とにかく飲ませ飲ませ繰り返したところ、夜には多少の頭痛はあるものの熱は
37・5度に、翌朝には頭痛も消え36・5度に・・・
とりあえず、今回の乳腺炎からの脱出は成功しました。

ちなみに、吸い終わったCさんは直ぐに“うがい”を何度もしていました。
私はというと、コットン清浄綿で拭き拭き消毒しました。
正直、そこに“夫婦愛”なんてものはありゃしませんでした
スポンサーサイト
13:11  |  よもやま話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jadeblog.blog20.fc2.com/tb.php/358-727c28da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。