05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.24 (Mon)

黄体機能検査から夢クリ卒業まで

2年前のチビ助さんの時は黄体ホルモン補充のため、デュファストンを処方されたのですが、今回は無かったので、それも“チビの時とは違う”と不安になった理由の一つでもありました。

10月19日の黄体機能検査にはCさんも午前休みを取って一緒に行ってくれました。
“ダメだった時に一緒にいてあげたい”という気持ち以外にも、実は2年前のチビの時もそうしたからゲン担ぎでもあったようです。

BT4【黄体機能検査】
  E2   72
  LH   3.3
  P4   26.5
  FSH   9.4
 β-HCG  6.3(この数値を見て胸が熱くなりました)


BT7(10月22日)【着床判定①】
  E2   79
  LH   0.4
  P4   35.6
  FSH   4.0
 β-HCG  111.2(この数値が40以上で80%が継続妊娠とのこと)

BT12(10月27日)【着床判定②】
  E2   88
  P4   31.3 (この数値が下がるのは問題ないそうです)
β-HCG×10 996.3(約9倍に伸びていました)

BT17(11月1日)【胎嚢確認】
  E2   190
  P4   30.2
 胎嚢   8.1mm×5.7mm

BT27(11月11日)【心拍確認】
  E2   533
  P4   27.0
 胎嚢   29.9mm×18.9mm
 心拍   121bpm
 潜血   +

BT37(11月21日)【胎児サイズ・心拍確認】
  E2   846
  P4   26.9
 胎嚢   42.7mm×42.7mm
 心拍   167bpm
 胎児   15.0mm
 潜血   +

BT44(11月28日)【胎児サイズ・心拍確認】(2年前は無かったけど今回はover4だからですって)
 胎嚢   48.0mm×28.77mm
 心拍   183bpm
 胎児   24.8mm
 潜血   +

BT51(12月5日)【卒業診察】
 胎嚢   52.4mm×33.1mm
 心拍   167bpm
 胎児   32.1mm
 潜血   +

私は無神論者なのですが、もし神様がいるとしたならば夢クリの院長先生なのでは?と思ってしまうほど信頼&崇拝しています。
なので、卒業時には2度も奇跡を作って下さった先生と握手をさせて頂きました。

私が今回の移植について書こうと思った理由は、内膜6mmで妊娠した方のブログを探している時に感じたのが、ネガティブな情報のほうが多いという事でした。
治療をしているとポジティブでいることは難しいのですが、少しでもお役に立てればと思ったからです。
over40だって、内膜6mmだって、ホルモン補充しなくたって、ずっと潜血が+だって…
妊娠することが出来ました。

これで、私の不妊治療は本当に本当に卒業となりました。
スポンサーサイト
08:31  |  ICSI-⑥  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jadeblog.blog20.fc2.com/tb.php/614-f8d4ef5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。