04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.20 (Wed)

移植予定の日...

5月19日(火)・・・ヒスロン錠(朝・夕食後)


5月20日(水)・・・移植日
            hCG1000単位注射
            ヒスロン錠(朝・夕食後)
            

昨夜は眠れなかった。

期待やら、不安やら、訳わかんないくらい色んな感情がこみ上げてきて、

色んな事を考えて考えて考えすぎた結果、頭が冴えまくってしまったわけです...

というわけで、今朝はすんなりとは起きられませんでした。

朝食の準備と後片付け、ゴミ出し、洗濯物...そしてAM9:00になった。

移植可能か病院へ電話。jumee☆phonecallL

「今日のPM2:00に移植の予定なんですが...デキマスカ?」

またしても「少々お待ちください」と事務的な返事と保留メロディ...不安がよぎる。

「お待たせしました」と看護師さん。受精確認の時のような明るい声ではない。

そして「卵の確認をしてきますので、このままお待ちください」と、また保留メロディ...

嫌な予感、受話器を置いてしまいたくなる。

ワルツ調の保留メロディが消え「お待たせしてすみません、卵の確認をしてきますので

折り返し電話します」と言って電話は切れた。あら?また確認??jumee☆whyL

折り返しの電話を待っている間、旦那さんから携帯に電話が入った。

病院との電話のやり取りと、不安な気持ち、今回はダメかも知れない事を伝えた。

黙って聞いていた彼は「1回目で出来たらもちろん嬉しいけど、それは奇跡的なこと。

複数回やっている人は沢山いるんだし、それが普通だと思ってガッカリしないで。」

って...私は「うん、そうだね」って言いながらも、不安は強さを増していった。

20分後、病院からの電話が鳴った。

「まだ胚盤胞まで育っていないので、またPM1:00にお電話ください」との事...

この生殺しのような感覚...ストレスです。

何も手につかないままPM1:00になり、また病院へ電話jumee☆phonecallL

PM2:00に来院してくれとの事...それって?・キャンセルじゃなかったぁうわぁ・・・

早速、病院へ行き血圧、体温を計り病室まで案内された後

初めて受精した卵をみせてもらった。ほぇ・・・。

残念なことに1個は梅の花のような形のまま成長が止まってしまったようです。

そして胚盤胞1個、グレードは聞きませんでした。

私達にとってはグレードが何であれ、たった1人の貴重なチビちゃんですからハート

培養士さんが「ごめんね。今だから言うけど今回の精子では無理だと思ってた。

でも胚盤胞になったのよ。普通でもここまでが難しいのに。本当良かった。」って

う~ん、なんだか複雑な気持ちに...いやいや、今は素直に喜んじゃお~っとキラキラ・緑2


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ   にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

スポンサーサイト
22:02  |  ICSI‐①  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jadeblog.blog20.fc2.com/tb.php/9-68deab0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。